技あり!給水管耐圧試験ガイド集

給水管耐圧試験をすることによって

TOP > 給水管耐圧の試験について > 給水管耐圧試験をすることによって

給水管耐圧試験をすることによって

給水管耐圧試験をすることによって、どの程度の強度があるかも分かります。
水圧試験は多くの給水管で行われているものであり、こうした試験を通して故障や将来的なトラブルなどを推測することが出来ます。
定期的に試験をすることによって、給水管の破裂などを避けることが出来ます。
古い給水管であれば、特に、こうした試験が重要となります。
古い給水管はいつ破裂するのか分からないため、定期的に試験をして異常が無いことを確認するのも必要となります。
新しく施工した給水管なども普段よりも高い水圧をかけて漏れが無いことを確認することが求められています。
記録紙にデーターを記入して、少しの降下が無いことをチェックします。
微量な水漏れなどでも見つけることが出来るのでとても大切な試験として実施されています。


高い水圧をかけていくことで水漏れなどもすぐに分かります。
迅速に対応することによって、建物の劣化や水道代が高くなってしまう事態を避けていくことが出来ます。
給水管から水が漏れれば、様々なリスクが発生していきます。
建物にとっても大きな損失となっていきます。
負荷試験を続けていくことによって、少しの水も漏れなどもチェックすることが可能です。
給水管に漏れがあれば、修繕するまで建物の引渡しは出来ないので試験で異常が発見されることは設備関係の仕事であれば避けたい事態となっています。
記録紙に記録することで少しの水漏れも視覚的にチェックすることが出来ます。
少しの水漏れも逃させないで済むということから、どの建物でも給水管を新しくした場合などは必ず給水管試験が行われています。


記録紙に記録してデーター化することは、最大のポイントです。
状態を視覚化することによって、正確に把握することが出来ます。
給水管の状態を正確に確認することで、適切な対応をすることが出来ます。
新しい給水管は水漏れなどのリスクがとても高い状態にあります。
接合部分などから水漏れをしている可能性も高いです。
最後に試験をすることで調整が出来るので安全性は保証されています。
水圧をかけていくことで、水漏れなどの異常はとても簡単に分かります。
さらに設備業者は、水道局にそのデーターを提出する義務もあるのでごまかすことが出来ないという仕組みになっています。
水を安全に適正の価格で使うことが出来るのは、こうしたシステムが整っているからです。
給水管耐圧試験はかせない仕組みとなっています。
効率的に異常を発見することが出来る方法です。

カテゴリー