特集☆メンズイヤーカフ通販6サイト

top > メンズイヤーカフの情報 > メンズイヤーカフで一段上のオシャレを実現するために

メンズイヤーカフで一段上のオシャレを実現するために

 イヤーカフとは、耳の縁や耳の穴に挟み込んだり、耳の後ろに引っ掛けてつけるアクセサリーのことです。
ピアスと違いホールを空ける必要がないので、お仕事や学業の関係でピアスをつけることができない人でも気軽にオシャレを楽しむことができます。
また、自由に取り外しができるので重ね付けをしてインパクトを与えたり、色々な服装に合わせて使い分けることもできる便利なアイテムです。
女性的な印象を受ける人もいるかもしれませんが、近年メンズイヤーカフとして男性的なデザインが増えてきました。
しかし、一口にイヤーカフと言ってもその形状や特徴にもそれぞれ違いや、個性があります。
デザインにも幅があるだけに、服装とミスマッチを起こしてしまうと、全体の雰囲気を損ねてしまうことも。
まずはイヤーカフの種類を見て、自分のスタイルに合ったものを探してみましょう。

 まず代表的な形状は、輪になっているリングタイプです。
細くてシンプルなデザインの物を選べば、さりげなく付けられてどんな服装にも合わせやすいでしょう。
また、他のイヤーカフと重ね付けもしやすいです。
勿論幅広で硬派なデザインの物もありますので、そうしたタイプを一点だけつけてハードな印象を与えることもできるでしょう。
二つ目は三角形のタイプです。
その形状からシャープな印象を与えやすく、メンズイヤーカフの中でも高い人気を得ています。
がっしりとした物が多いので、ロックテイストな服装にぴったりかもしれません。
三つ目は、耳の後ろに引っ掛けるフックタイプです。
耳の後ろ側からデザインを見せるものですから、前者2タイプと比べてインパクトが大きく、全体的に華やかな印象のものが多いです。

 このように、形状によってイヤーカフが与える印象は大きく異なってきます。
特にフックタイプはチェーンなどがついているものが多く。
華やかで動きがある分どうしても主張が強くなります。
そのため、カジュアルな服装には向きません。
ビジュアル系バンドマンの様なダークなテイストや、中性的な原宿ファッションといったスタイルであればその個性を生かせるでしょう。
自分の世界観をしっかりと持った人向けです。
また三角形のタイプは男性的でカッコイイものが多いですが、その分かっちりとしたタイプの服装ではイヤーカフが浮いてしまいます。
ロックやパンクなテイストの服装が好みの人向けです。
リングタイプが最もスタンダードで扱いやすいですが、これもあまり重ね付けをしすぎるとやんちゃな印象に寄りすぎてしまいがちです。
大人の男性らしさを印象付けたいなら、シンプルにさりげなくつけることを心がけましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP