特集☆メンズイヤーカフ通販6サイト

top > メンズイヤーカフの情報 > 女性ウケを狙ったメンズイヤーカフの選び方

女性ウケを狙ったメンズイヤーカフの選び方

 メンズイヤーカフの種類は、大きく分けて「挟む」「かける」のどちらかです。
男女ともに馴染みのあるのは、挟むタイプでしょう。
切れ込みの入ったリングのような形状で、切り込み部分を広げながら耳輪(ヘリックス)部分に挟む簡易タイプです。
また、磁石になっており、一見してピアスのように見えるタイプもイヤーカフに分類されています。
また、耳の後ろに引っかけるフックタイプもあります。
これは、イヤホンで音楽を聴く際や、補聴器などを使っている男性にとっては耳裏に装着するために、邪魔にならないのでおすすめです。
また、重めの装飾がついていても、耳に穴が開いているワケではない分、負担がかかりません。
メンズイヤーカフは、短髪に合わせることを基準に選ぶべきで、垂れ下がった装飾、レディース寄りのデザインなどは女性ウケを狙うのならば避けましょう。
短髪であるからこそ、シンプルでもしっかり存在感のあるイヤーカフがラインナップしています。

 40代以降の男性が、メンズイヤーカフを上手に取り入れたいのなら、メンズから人気の高いジュエリーブランドのものを手に入れましょう。
品質に差があるのが特徴で、品格も求められる年代であれば、低価格ではなくある程度の価格重視がいいでしょう。
今や、素材によって500円程から販売されています。
ジュエリーブランドから発売されるメンズイヤーカフの相場はシンプルなものならば5000円程ですから、お試しでも購入しやすいはずです。
プラチナ、ゴールド、シルバーの順に価格が下がる傾向にあり、できるならばお手入れもラクで輝きも変わらないプラチナ素材をチョイスしましょう。
もちろん、ゴールドも魅力的ですが、どちらも肌の色に合わせてから購入するのがよいでしょう。
肌黒であるならば、ゴールドが似合うようです。

 上級者ともなれば、イヤーカフとピアス(ボディピアス)との重ねづけをするようで、バランスを取ることができ、さらにおしゃれな印象を与えます。
シンプルなファッションばかりでイメチェンしたい場合にも、まずはさりげない部分からであれば、不安もありません。
そうした内容からも、メンズイヤーカフは支持を集めています。
しかし気をつけたいのは、女性ウケするデザインであるか否かです。
耳下に垂れ下がる長さのあるデザインは、レディースイヤーカフにこそ多く取り入れられています。
ビジュアル系バンドなど、特殊な趣味趣向で取り入れるのでないのなら、シンプルデザインを選びましょう。
シンプルでも形は様々、リング、トライアングルなど、個性をフォルムから演出してみるのもアリでしょう。
長さも、男性らしいイメージのあるチェーンなどのモチーフなら、女性ウケもいいようです。

カテゴリー

PAGE TOP